コンビニ食でできる!低糖質ダイエットがオススメ

低糖質ダイエットをする時には、コンビニで取り扱っている低糖質食品が大いに役立ちます。

 

低糖質パンに定評があるのが、ローソンです。小麦のふすまや大豆粉を使うことにより、一般的なパンのイメージに近い香ばしさや美味しさを実現しているとして、評判を呼んでいます。

 

おかず類と合わせて味わえる素朴なテーブルロールのほか、ハムやチーズを使った惣菜パン、チョコレートやクリームと合わせた菓子パンまで揃っています。ファミリーマートでは、低糖質ダイエットを提唱するライザップとタッグを組んで開発した低糖質の商品を販売しています。

 

パンやスイーツのみならず、カップ麺も登場し、低糖質ダイエット中にラーメンを食べたくなった時でもラーメンが食べられる、と喜びの声が上がっています。低糖質ダイエットでは、主食を控える必要があり、食べ慣れたいるご飯やパン、麺を我慢することがストレスになってしまう人もいます。

 

24時間営業で、必要な時に必要な分だけ調達できる身近なコンビニで販売している低糖質のパンや麺を活用すると、ストレスフリーに低糖質ダイエットを継続しやすくなります。低糖質ダイエットでは、良質なたんぱく質をしっかり摂取することが推奨されています。

 

コンビニで購入できる、低カロリーで低糖質、そして高たんぱく質の食品が、サラダチキンです。鳥の胸肉を加工したサラダチキンは、あっさりとしていて食べやすく、生野菜や温野菜と合わせるとさらに栄養バランスの良いダイエットメニューになります。

 

私はこれを実践してダイエットに成功しましたが、もしこれでも痩せないという人はダイエットサプリなどが有効です。これを飲むだけでさらにダイエット効果をサポートしてくれるので、継続するうちに徐々に痩せやすいカラダに近づいてきます。私のおすすめはシボヘールですが、それ以外でも良いサプリはたくさんあるので自分に合ったものを見つけるといいでしょう。

 

妊娠中の体型維持には梅干しが効果的!?妊婦ダイエット術

妊娠中はすぐに体重が増えて、増えすぎるとよくありませんよね。

 

なので、ダイエットをしたいと思いつつすごくお腹が減るし、赤ちゃんのためにも栄養はとらないといけないし、困っている人も多いと思います。

 

そこで、過去に私が妊娠中と産後にした無理のない健康的なダイエット方法をご紹介したいと思います。ぜひ同じ思いをされている妊婦さんはチェックしてみてくださいね。

 

しかしテレビで食事制限をしなくても痩せるという方法がしていました。それは梅干しを電子レンジで1分加熱して、それを毎食前食べるだけというものです。妊娠中なので、塩分もとりすぎはよくないので、塩分控えめの梅干しを買ってきてさっそくためしました。レンジで加熱すると、もともと梅干しの中にある脂肪を燃焼させる成分が増えて食事制限をしなくても痩せていくらしいのです。

 

二週間ごとの検診で、大丈夫をはかると、プラスマイナスゼロで、とてもびっくりしました。妊娠中の二週間というのは、赤ちゃんが大きくなるので体重が増えて当たり前だし、それプラス、自分の身も増えるので、1キロ増えたりするときもあるのに、二週間前と変わらないなんて信じられませんでした。梅干し効果だと思います。

 

それから毎日梅干しを食べ続けています。赤ちゃんは順調に大きくなっていて体重も減ることはないですが、今までの妊娠と増え方が全然違うので、やっぱり梅干しの効果がでていると思います。食事制限しなくてよいので、思いっきり食べられるしとてもよいダイエット方法だと思います。

ダイエットするときの注意点は何と言ってもリバウンド!

体重76kgから1年間で10kgのダイエットを行いました。私が注意したのはリバウンドがないということです。減食や運動などちょっと無理すれば体重は減るのですが、無理すると必ずリバウンドのリスクが大きくなると思っています。

 

そこであまり無理せず確実にダイエットするために、まず間食をしないことにしました。10、15時はおやつの時間と言いますが、現在の食生活では食事で必要なカロリーは摂取されていると考え、ブラックコーヒーとお茶以外のお菓子をやめました。最初は、ちょっときついこともありましたが2週間ほどで慣れました。

 

これだけでは3か月で2kg弱しか原料できませんでしたので、身体を動かすことにしました。まとまった運動を毎日するのは無理なので、平日は食後1~2時間経過した頃に5階くらいまでの階段の上り下りを行いました。休日は同じ時間帯に散歩したりテニスをするようにしました。さらに、夕食後の寝酒をやめました。

 

半年ほどすると体重は5kgほど減りました。その後も同じような生活をしていると、徐々に効果が出て1年後には10kgのダイエットができました。この間、仲間との飲み会など普段よりも沢山食べたり、雨などで運動できない日が続いた時には体重が増えますが、2日ほどで元に戻りました。

 

結局2kg以上のりバウンドは全くないまま1年間で10kgのダイエットができました。食事制限はほとんどしなかったのですが、もう少しがんばれば更なる減量ができたと思います。リバウンドのことを考えたら無理はしないでちょっと我慢するレベルでないと長続きしないと感じています。

 

これからも、このペースでダイエットして来年に標準体重を実現したいと思っています。

酵素ドリンクの実践!その効果と感想

ちまたで人気の酵素ドリンクに興味があって、これ使ってみました。酵素ドリンクは飲んでいる内に酵素が効いて痩せやすい体つきになれると聞いたのです。だから早速関心を持って初めて見ました。

 

酵素ドリンクは薄めて飲むダイエット商品です。私は最初薄めると知らなくて、ものすごく不味いと思いました。味が濃すぎて「うげ~」となったのです。でもよくよく見たら薄めるということを書いてあって、ちょっと観察力の無さに反省しました。飲み物で薄めるとすごく飲みやすくなって良かったです。

 

なるほどこうやって飲むのかと思いながら続けました。ダイエット効果としては思った以上の効果は出なかったですね。そもそも酵素ドリンクとは置き換えダイエットをしてやっと効果があるみたいです。私はそれをしなくて痩せようと思ったので、イマイチ効果を発揮できませんでした。痩せたは痩せたけどたった2キロほどです。

 

このわずかな減量効果に残念感を感じました。もっと華々しく痩せられると思っていたけど、現実は甘くなったです。まったく効果が無かったわけじゃないですが、成功とも言い難い成功でした。やっぱりダイエットはそう簡単にはできなんだなとがっかりしました。酵素ドリンクを飲んで見て、そこまで効果はなかったけど、でもまあ飲んでちょっとウォーキングしただけで少々は減量できたので、良しとします。

 

今後はもっと効果があるダイエット方法を試したいと思ったし、もう一回チャレンジするときはお置き換えダイエットをして、もっと痩せる効果を得たいと思いました。

就活ストレスで太ったときの減量方法

大学3年生の時に、就職活動のストレスで3か月で5キロも体重が増えてしまいました。9号のスーツが入らなくなり、このままでは、11号のスーツに買い換えないといけなくなると思い、1か月間集中してダイエットをすることにしました。

 

朝ごはんとお昼ごはんは普段と変わらず普通に食べ、夕ごはんはボールいっぱいに、キャベツ、レタス、トマト、きゅうりを盛り、オリーブオイルと塩胡椒とバルサミコ酢を混ぜたドレッシングをかけて食べました。そのサラダと一緒に、お腹をふくらませ満腹感を味わえる炭酸水を飲みました。

 

それでも夜中にエントリシートなどを書いていると、どうしてもお腹が空いてきました。空腹感を紛らわすために、味付けをしていないスルメ、炭酸水、寒天、ミニトマトを常に常備していました。これらは、カロリーも低く噛むことで空腹感を満足させてくれるので、私のダイエットには必需品でした。

 

また、空腹感を抑えるツボを友人に教えてもらい、ツボ押しもダイエットに役に立ちました。耳の穴の入り口にある、コリコリした骨のような部分を人差し指と親指でつまみ、強めに押していると、空腹感が抑えられました。夕ごはんをダイエット食にし、その後のアイスや果物などの甘いものをやめただけで、1か月で3キロ楽に痩せれました。

 

また、夜に食べ過ぎない生活を送っていると、朝起きたときに胃と頭がすっきりしました。気持ちよい空腹感があり、朝からしっかり朝ごはんを食べれるようになりました。朝ごはんをしっかり食べると、脳の回転もよくなり、その後の面接やエントリシート記入なども頭が冴えてうまくいきました。

 

無事、希望していた会社から内定ももらえ、ダイエットで体も軽くなり良いことばかりでした。